重要書類のデータ復旧

パソコンなどを使ってビジネスを行う場合には、ビジネスで使う書類なども、デジタルデータとして保存しておく場合があります。デジタルデータは簡単に検索できて、閲覧にも便利ですし、パソコンの書類データは便利です。しかし万が一パソコン本体や、ハードディスクドライブなどのハードウェアのトラブルや故障が起きると、その中身のデータが失われる可能性があります。若しくはソフトウェアなどのバグや操作ミスや、コンピューターウイルスなどの影響での損失も考えられます。ですのでデジタルデータは、失われる可能性がゼロではないのが厄介です。パソコンで重要書類を管理するのなら、バックアップを取ることは必要です。そうして大事なデータの保護が必要なのです。ですが重要書類は万が一にも他者に見せる訳には行かないので、セキュリティーなどにも気を使う必要があります。データ復旧のための備えとして、重要書類のデータをコピーしてバックアップを取るのなら、セキュリティーは重要です。バックアップの先の外付けハードディスクドライブなどには、パスワードなどを掛けるセキュリティー対策が必要です。データ復旧のためのバックアップの時にも、セキュリティー対策は肝心なのです。

個人端末故障時における重要書類のデータ復旧に関して

会社で社員が誤って重要書類等のデータを削除してしまった場合、サーバ管理者にデータ復旧依頼をするのが一般的な行動と言える。これは個人が使用しているPCはあくまで作業用であり、重要なデータはサーバへ保存していくという不文律ともいえる概念があるからである。しかし、サーバへ重要書類を保存せずに個人端末にのみデータを残している状態でPCが起動しなくなるケースも多々あった。このような場合はPC端末管理者に問い合わせてデータ復旧を依頼する事も可能である(窓口は異なっても実務に当たる箇所はサーバ管理者が兼務している場合も多い)復旧対象となるデータの重要性にもよるが、多額の費用を使えば物理的に破壊されたハードディスクでも、データをレスキューする事が可能ではある。しかし、そのような重要なデータが単一媒体のみで保存されているケースはほぼないと言って良い。むしろ、そのような運営を行っている方が問題が大きい。PCが起動しない場合は、知識のあるモノにとって重要なのは画面に出力されるエラーメッセージであるだいたいのケースは、下記の二種類である①OSを構成している領域(ファイル等も)が何らかの理由で壊れて起動しない②OSを起動する前の段階でエラーが発生する①、②のどちらの場合も、別PCに対象PCのハードディスクと取り出し、USB経由等で外部接続をする事で迅速にデータのみを取り出す事が出来る。業務に支障が出る為、一般社員は代替機を準備して貰い、データを移動して業務を遂行するようにしましょう。具体的な個人端末の復旧に関しては担当者に依頼して直して頂きましょう。

他社様でデータ復旧を諦めた方、ご相談してください。データ復旧技術者は長い経験・ノウハウがあります。迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。パソコンが動かなくなった時、もし中に大切なデータが入っていて他にバックアップしていなかった場合は、どうしたらよいのでしょう。まだまだ若い企業ですが持てる技術を低価格で提供できるよう価格還元してまいります。データ復旧でお困りなら当社に相談ください。

Blog Home